ムダ毛自己処理のデメリット

ムダ毛の処理方法として、家庭などで自己処理をしている人も多いですが、ムダ毛の自己処理は家庭で好きな時間に比較的安価でできることから最も気軽に行える処理方法です。
自己処理の方法でも、多数の種類があり、どれも手軽ではありますが、その方法によってデメリットがあります。
脱色剤などは、毛の色を薄くして目立たなくする処理方法ですが、毛の色を脱色するだけなので痛みはありませんが、伸びてきた毛との色の差が生じてしまい不自然になります。また、肌質や部位などによっては、かぶれの心配があります。
除毛剤は、表皮から上に生えている毛を薬品で溶かす方法ですが、処理に時間がかかり、あまり長持ちしません。
毛抜き・テープ・ワックス・電気脱毛機などは、毛を根元から引き抜くため効果は長持ちし一見きれいな仕上がりにみえますが、場合によっては痛みを伴ったり、毛が途中で切れてしまいます。また、処理後のケアを怠ると毛穴が広がり目立つ肌になってしまいます。
カミソリ・シェイバーなどは、表皮の表面からの毛を剃って断ち切る方法で、すべての部位に適していますが、すぐに毛が伸びてくるので効果が長持ちせず、毛穴がボツボツ目立ってきます。またカミソリでの処理は肌ダメージも大きいといわれています。
いずれにしても、ムダ毛の自己処理は誰でも気軽にできるという共通したメリットはありますが、それれぞれにデメリットも伴うことも忘れてはなりません。